宮島街道名勝旧跡

「歴史散歩」27 ~広島県廿日市市/応変隊と潮音寺

老松も「幕末の風雲」を見届けたか   広島県廿日市市須賀。 国道2号線・宮島街道に沿って白壁を持つ「潮音寺」は浄土宗のお寺で、 かつてあたりを流れていた川も潮音寺川と呼ばれていたが、 今では、暗渠(あんき…

「歴史散歩」26  ~広島市佐伯区/河内峠と宮風呂神社

入口に三軒の茶店、湯治でにぎわう 広島市佐伯区の五日市地区から、北の湯来地区へは、 八幡川をさかのぼり、魚切、白川、大森峠を経て湯来へ至る。 ところが江戸時代の幹線道はこの道とは異なっていた。 浅野…

「歴史散歩」25  ~広島市西区/井口と工大高校校地

歴史とともに…工大高生は今日も  広島市西区井口という地名は古く、 室町時代までは大きく湾を描いていた古江・草津地区の入口であったので (古)江口から井口になったという。 またその頃は半島だった鈴ケ…

「歴史散歩」24  ~広島県廿日市市/地御前神社

厳島神社と一体、勇壮・雅やかに管絃祭 広島県廿日市市の地御前神社は、 厳島神社を内宮(ないくう)と呼ぶのに対し、外宮(げくう)と呼ばれ、 厳島神社と一体化した神社とされていた。 平安末期に平清盛が厳島神…

「歴史散歩」23  ~広島市佐伯区三宅/源範頼の伝説

秘史いだいて流亡、この辺土に眠る 源範頼(のりより)の墓が広島市佐伯区にあるの? えーっと何度言われたことか。 実は、そう伝えられる墓は確かにあるのだ。 場所は、広島工業大学のすぐ東、養護老人ホーム喜生…

「歴史散歩」22  ~広島市佐伯区/坪井将監の石

「よいしょ」と240kgを持ち上げて 坪井将監(つぼいしょうげん)は、広島市佐伯区の坪井に住んでいた武将。 毛利元就の厳島の戦いでは、 己斐城主・己斐直之とともにおとりの城と言われた宮尾城に入城して、 陶晴賢…

「歴史散歩」21  ~広島市佐伯区/塩屋神社と湯蓋道空社

源義経が沖の船上から戦勝祈願か 広島市佐伯区の五日市の港の近く、 海老山西側のふもとにある神社が「塩屋神社」だ。 かつてこの神社は海に面し、鳥居も海中にあった。 平安末期、壇ノ浦の戦いに赴く源氏の白旗…

「歴史散歩」20  ~広島県廿日市市阿品/火立て岩 (ほたていわ)

毛利元就…「厳島合戦」の出航の地 広島県廿日市市の地御前から西に行くと、 ナタリーフジグランに向かって、広電の軌道の南側を進む道がある。 さらにすぐ南側は瀬戸内海。 宮島が間近に見える美しい場所であ…

「歴史散歩」19  ~広島県廿日市市/中山分かれ・三叉路

キリシタンが歩んだ「津和野分かれ」 江戸時代の西国街道は、広島県廿日市から西へ進むと地御前手前の御手洗川を北上し、 中山分かれを西進し、四郎峠から、大野に至る。 中山の三叉路のすぐ西に、 津和野へ行く津和…

「歴史散歩」18  ~広島県廿日市市宮内/西国街道つづら折り

専念寺あたりから風に吹かれ、散策 江戸時代の西国街道は、広島県廿日市の中心部を抜けて西へ進むと、 現在の可愛橋の少し上流あたりで可愛川を渡り、 JRの上を通る峰高陸橋のあたりで、JRの北側に出る。 さらに…