宮島街道名勝旧跡

「歴史散歩」11  広島市佐伯区/有井城と石内バイパス

  豪農…石内米は藩の召し米であった 古代の山陽道は古道と呼ばれ、 安佐南区の沼田から半坂を越えて佐伯区に入り、 石内から利松、郡橋付近を経て、山沿いを通って平良に出たと考えられる。 現在…

「歴史散歩」10  広島県廿日市の「街道松」

  輝元が整備して秀吉を迎えた街道 江戸時代の西国街道は、廿日市の町中を突っ切っている。 町の東のはずれには一里塚があり、 これをさらに西進すると佐方川にかかる佐方中橋を通って、廿日市の町に入った。 …

「歴史散歩」9  広島市佐伯区/佐伯山と呼ばれた鈴ヶ峰

  「佐伯景弘」 平清盛を財政的に支えた男 広島市西区の鈴ケ峰。「八幡富士(やはたふじ)」と呼ばれる 注目されたNHK大河ドラマ「平清盛」。 その平清盛を財政的に支えた人物として、広島市佐伯区と五…

「歴史散歩」8  広島県廿日市市佐方/一里塚

「もう、廿日市だよ」 聞こえる旅人の声 廿日市市佐方から、廿日市高校の東側を海に下る佐方川。 この川にかかる佐方中橋を通って東西に続く道が江戸時代の西国街道である。 ところで、江戸時代に西国街道と呼ば…

「歴史散歩」7  広島市佐伯区河内/川坂の町

明治の末、にぎわって地価も「五日市一」 明治末期、広島市佐伯区五日市で最も地価が高かったのはどのあたりかご存知だろうか。 それは五日市駅前でもコイン通りでも、また楽々園でもなかった。 五日市八幡を貫く…

「歴史散歩」6  広島市佐伯区三宅/仁助法親王の墓

鎌倉時代には大伽藍を持った「円明寺」 奈良時代の山陽道は古道と呼ばれ、 佐伯区の石内から利松、寺田、保井田、地毛を通り、 山沿いに倉重、三宅、屋代から、佐方の北部を通って山あいを平良に出たと考えられる。 …

「歴史散歩」5  広島県廿日市市/速谷神社への参道

交通安全の神、脈々と生き続く信仰   速谷神社の鳥居の正面に、まっすぐにのびる一本の道。 この参道を、どれほどの人が、神社へと歩んだろうか。 元々、速谷神社は、日本でも有数の格式の高い神社である…

「歴史散歩」4  広島市佐伯区八幡/原爆詩人・原民喜

八幡での疎開生活を「小さな村」に   終戦後しばらく、 1人の男性がよく「八幡ふれあい通り」の田尾米穀店の前あたりの用水路で まるでお風呂にでも入るかのように大きな水音をたてて、 水浴びをする光景が見ら…

「歴史散歩」3  広島市佐伯区五日市港/沖土手

斉藤茂吉が歩いた、憲吉を見舞った   広島市佐伯区の五日市港は、沖の埋めたて、プレジャーボートの 整備で、かつての風景は、今はない。 海岸線ははるか沖に遠のいており、数年前まで「沖土手」と呼ばれ…

「歴史散歩」2  広島県廿日市市天神

第二次長州征伐の最前線として   廿日市の町なかを貫く旧国道は、江戸時代の西国街道でもある。
 佐方中橋を西へと歩く。 廿日市招魂社の前を進み、
廿日市天満宮の南側参道口の前を通ったあたりで南に折れて、 …