宮島街道いまむかし

昭和30年頃/広島県廿日市市「阿品東」駅

当時は「県病院前」と呼ばれていた。 近くに地御前県病院があったからのようで昭和47年に廃院になった後、 同3月1日に「阿品」に改名、平成13年11月1日に「阿品東」となった。 海岸線にピタッと面して厳島を一望…

あの時の出来事、あの人のひと言~のすたる爺・赤碕  谷口 行雄さん

8月6日、爆風は「大野」まで届いた     暑い日が続くと思い出すことがある。 冬の薪(たきぎ)の確保に5年生と6年生が大野東小学校の裏山に木を切り出しに行くその時だった。 ふわーっと広がった青白い光が…

あの時の出来事、あの人のひと言~フラダンス・NAPUA MAKUA(ナプア・マクア)さん

    海上正面に朱(あけ)の大鳥居が浮かび右手に意外に大きい宮島が大竹方面に伸びている。  安芸グランドホテルの「シーサイドデッキ」。 平成23年7月31日、世界遺産に手が届きそうな会場で 「廿日市市…

あの時の出来事、あの人のひと言~歴史家・佐々木 卓也さん

思えば…「観音様」に導かれて 郷土の素晴らしさを一緒に喜び、伝え残したい    『生まれは旧観音村大字坪井(佐伯区)で、 我が家の前には観音神社があり、観音小学校で学び三月一日に縁日が開かれる…

あの時の出来事、あの人のひと言~株式会社本郷の二代目・故本郷 盛人さん

宮島沖で戦闘機の壮絶な空中巴戦   『昭和20年、3月19日。 久しぶりに(廿日市の)自宅で寛(くつろ)いでいた時、 朝の9時前に空襲警報が鳴り響き町内の者はみな防空壕に退避した。 私とスミヱは2階に上がり窓…

あの時の出来事、あの人のひと言~「コイン通り商店街振興組合」理事長・広川和明さん

  「浩二がいたから、頑張れた」    「三人のうち誰か世に出たら残ったもんで後援会つくろうや」。  高校を卒業した頃、友人三人で少年時代の約束を交わした。 一番出世はミスター赤ヘル・山本浩二さんだ…

あの時の出来事、あの人のひと言~青少年育成廿日市市民会議会長・後藤 香代子さん

支援フェスタで元気を届けた    「3・11」という呼び名で歴史に刻まれようとしている東日本大震災、その翌々日にイベントを開催した。 「廿日市市市民活動センターまつり」。 当然、議論があった。 「この時期に…

あの時の出来事、あの人のひと言~廿日市市大野町・忠末慧さん

三代前の忠末小兵衛さんは朱の大鳥居を建立 忠末慧(ただすえ・さとし)さん(昭和7年5月2日生まれ)   ■宮島の山に女の人が 宮島の瀬戸一面に霧が出ていた。 海面が見えない春の一日だった。 船上、大竹方…

宮島街道での草津秋祭りの風景

あの時の出来事、あの人のひと言~広島工業大学工学部建築工学科「福田ゼミ」

広工大生、今年も草津で神輿 『沖に宮島 東に小富士 合いを白帆が 草津へ出入り』  独特の節回しで草津秋祭り音頭が「草津南」の畳敷きの間に響いている。  明後日、二五日(日)は草津八幡宮の秋祭り「草津八幡宮例…

永井建子

日本近代洋楽の祖 「永井建子」

【永井建子その1】 永井建子――。 「ながい・けんし」と読む。男性である。 広島市西区の広島市立古田小学校の校歌を作った。 佐伯区の広島市立石内小学校の前の校歌も手がけ た。 慶応元年(1865年)石内に生まれ、…