木からのおくりもの

ショッピングサイトへ

宮島木工ろくろ細工

安芸の宮島に木工ろくろ技術が伝えられたのは、江戸末期、
日本の歴史が大きな転換期を迎えたその時でした。
明治の中頃、
手回しから足踏み式ろくろに移行して量産が一気に可能になり急速に発展したと言います。
大正時代にかけて全盛期を迎えました。
今では、宮島周辺を代表する名産品として伝統的技術が継承されています。
木目や木肌の美しさを生かして、お盆・菓子器・湯呑みなどが造られています。

「ひのき」おわん

子供の茶碗、味噌汁、お吸い物なんかに良いと思います。写真の二つは木の種類は同じですが模様は全然違います。

「さくら」茶碗

普通サイズのお茶碗です。

「みかん」おちょこ

形は色々あります。

「柿」お椀

赤や緑の野菜、サラダを入れたら色が引き立つことと思います。

「杉」寿司桶

木の寿司桶は程よくお米の水分を吸いとってくれます。

アイビーの苔玉

植物を置いてもとても良く合います。